看板

経理への転職を考えているなら|重宝される人材に

引く手あまたの資格

設計図

高いニーズがある

一級建築士は、建築士資格の中でも最難関のものです。大学などで建築を学んだ後、二年以上の実務経験がないと資格をとることはできません。近年は建設業界は好況のため、求人数は多く、引く手あまたの状態です。高いニーズを反映したもので、多くの企業で一級建築士保持者を必要としています。現在就職、転職しようとしている人はまさに絶好のチャンスで、かなりの好待遇求人も存在します。今後、建築、建設業界の景気が下向きになったとしても、一級建築士の求人は一定数存在し続けると予想されます。一級建築士は資格を持っているという点で大きな強みがあり、建築、建設関係の会社には必要不可欠な存在であるためです。個人の事務所という選択肢も含めると、非常に多様な選択肢があります。

条件の見極めをしっかりと

一級建築士の求人は現在非常に豊富で、今後もなくならないことが予想されます。そのため、応募するときは条件の見極めをしっかりすることが重要です。まず考えるべきなのがどのように働きたいかです。安定した生活や収入を優先したいのか、したい業務を優先したいのかを自分の名中ではっきりさせておきましょう。安定しているという点では、官公庁や大手ゼネコン、ハウスメーカーなどがあります。ただ、これらの会社では回ってくる仕事をこなすだけになりがちです。建物を建てるという醍醐味を感じたいならば、設計事務所などがおすすめです。開業するのも選択肢の一つでしょう。不安定になるリスクはありますが、自分で仕事を取捨選択できるというメリットがあります。それぞれ一長一短あるので、自分にとって何が重要かを考えて選びましょう。