看板

経理への転職を考えているなら|重宝される人材に

建築の仕事と資格の取得

住宅模型

マネジメントに必要な資格

施工管理の仕事は現場でマネジメント的なポジションを担う重要なものです。その為、建築現場で働く方にとってキャリアアップの一手段として捉えられています。この施工管理の資格は各施工分野ごとに細分化されており、それぞれが現場で培った経験と知識を活かした仕事をする事が出来るようになるのです。施工管理者としての仕事に就く為には一定の職務経験を積み上級資格を取得していることが条件とされます。しかし、この条件を満たした求職者の場合は待遇や雇用の面で優遇された求人先で働く事が可能です。また、大学や教育機関で各建築分野の学科を修了している場合には受験資格を得る期間が短縮されます。その為、現場で働く職人だけではなく大学で建築関連の科目を修了し施工に携わっている方にも適したキャリアアップの方法となります。

学歴と職務経験

施工管理の上級資格を取得する際には学歴や職務経験が大きく影響します。また、各専門資格の分野が細分化されていることから、個々の職種にあわせ計画的に学習していくことが必要とされるのです。やはり、大学や専門学校の指定学科を修了した場合には実務経験が短くても施工管理者としての受験資格を取得する事が可能になります。建築の求人案件の中には施工管理者を求めているものも多く、他の職種よりも待遇が良いケースが多く見られるのです。この種の求人に応募する為には専門資格が条件となる事から、個々の学歴と職務経験を上手く活用するために計画的に学ぶ事が必要とされます。また、資格取得の勉強だけではなく、求人先のニーズに適した特殊技能を段階的に身につけていく事も大切です。